« 辛さの単位 SCOVILLE | Main | 梅見 »

February 20, 2006

伝承の「折りびな」

1月中に"はてブ"していた件(参照:強気のコメント欄)で、やっと本日エントリーにすることができた。
はてな 折り紙で雛人形の折り方を探しています。

私は時々息子の園に手弁当持参で保育参加することがあるが、今日も雨の中保育室に行ってみたら、丁度年中・年長児が一生懸命保育者に教わりながら折り雛──但し、その時はお内裏様の着物の部分──を作っていた。それは、私の中では折り雛の最高峰である「田中サタさん作 折りびな」である。

oribina
*画像をクリックすると紹介ページへジャンプ。中も3ページ程見ることができる。

保育者がこの本を持っていて、数年前に紛失してからは、自分が覚えている親王さま(男雛・女雛)だけを毎年園児たちに折らせているのだそうだ。本について保育者に尋ねたところ、30年くらい前に福音館書店から千代紙付きで出版されていたが、現在は絶版の為図書館にしかないのでは?という返事。帰宅後、復刊ドットコムにリクエストしようかな?などと考えながら、検索したところ現在は「三人会」で自費出版されていることをつきとめた。(参照 1)(参照 2
息子が入園したお陰で、ハサミを入れても決して切り落とさない伝承の重ね折りの折り雛に出会え、その雅な美しさ にすっかり魅せられてしまった私だ。

oribina2006私の作品。園終了後、保育者に教わりながら30分強で完成したお雛様。女雛の十二単の赤と水色の重ねる順番を間違えて、妙に寒々しい配色になってしまった…。

追記:2006-02-21
私が折ったのは園児たちと同じ市販の折り紙だが、保育者曰く、「折りびな」本に付録としてついていたのは手染めの7.5cm四方の和紙だったそうだ。小さく硬い和紙で、ここまで美しく折られた田中サタさんの「折りびな」は日本の伝統文化として継承していく必要があると思う。
再追記:2006-02-22
検索してみたら、この折り雛を折り続けることを受け継いでいらっしゃる方を発見。
Document:江戸時代からの伝承折り雛を折る
しかも、「おりがみ会館」なる施設もある。
おりがみ会館
週末に出かけようか?ノリが一昨年のでんじろう先生の時みたいになっている自分。

関連記事:
@HOME : 届きました。三人会発行「折りひな」
@HOME : 三月ひなのつき

|

« 辛さの単位 SCOVILLE | Main | 梅見 »

Comments

旬のエントリーだった所為か、アップした直後から連日多数のアクセスがある(Thanks a lot!)のですが、質問やメールは一切無し…ま、そんなもんか。なので、勝手に告知。
リンク先にある住所に一応申込みのはがきを出してみたのですが、まだ本は届かず。「三人会」の皆様は多分ご高齢だと思うので、気長に待っています。

Posted by: fumi_o | March 02, 2006 17:52

これ、ステキだなあと思ってたのですが、
コメントしそびれてました。( ̄┰ ̄*)ゞ
本、手に入るのですか?
私も買おうかなあ。
fumi_oさんが手に入れられたら、是非、レポートしてください。
それによっては私も買うかも。
ここ↓にも箱帯あり4800円で売ってました。
http://www.teoriya.com/usedbooks/usedbook.html
福音館の方のでしょうか?
これは買うべきかしら?(笑)

Posted by: LIN | March 04, 2006 13:27

LINさん

絶版は分かっていても、諦めきれずに福音館書店に電話して在庫の有無を尋ねた私です。。。当然ながらありませんでしたが。
話はちょっと逸れますが、福音館書店て確か現在は、名作絵本を翻訳して海外に売ってそれで利益をあげているはずなので、この「折りびな」もその一環として復刊すればいいのに、などと思ってしまいます。
LINさんが提示された、古本をネット通販で、という手もありますね。
未だに手元には届かないので、なんともいえない私です。

Posted by: fumi_o | March 04, 2006 20:59

もし、コメント記事がだぶってしまったらごめんなさい。
書きこみ段階で失敗したかも・・ともう一度書きにきました。
「折りびな」のことを自分のブログに載せるにあたって検索していてここに
たどり着きました。
いろいろ詳しく載っていたので昨年の記事のようですけれども、うちの記事内にリンクさせていただいただきました。
このお雛様は昔々本を見つけてから折り続け、いろいろ人にもプレゼントしてきた物です。折りたい方がいらして、また後に引き継がれていくのはステキな事ですね。
私も最近は折っていないので新しいのを折りましょうっと。またブログ見に来させていただきます。それではおじゃましました~。

Posted by: ガジャのねーさん | March 04, 2007 00:47

ガジャのねーさん 様
コメントありがとうございます。
昨年のエントリーを読み返しながら、ああ…この時は手元に届いた本を見て千代紙で段飾りを折ろうなんて考えていたのに、あれからあっという間に1年が過ぎて、気付けば今年は何もしてないなーと…
日々の雑務に追われ、折りびなを作らなかったことに後悔・反省してます。
ガジャのねーさん 様の素敵な折雛を拝見しました。当ブログで是非ご紹介したく、リンクさせていただきました。

Posted by: fumi_o | March 04, 2007 07:45

The comments to this entry are closed.

TrackBack


Listed below are links to weblogs that reference 伝承の「折りびな」:

» 折り紙のおひなさま [遊んで学ぶお父さん]
 @HOMEさんでこちらの記事を見て「おおっ!」と反応。十二単の重ね着がきれいな折り紙のおひなさまです。余談ですけど、十二単を「じゅうにひとえ」と読まずに「じゅうにた [Read More]

Tracked on February 24, 2006 02:30

» 届きました。三人会発行「折りひな」 [@HOME]
※今回のエントリーは @HOME : 伝承の「折りびな」 の話の続きです。尚、当 [Read More]

Tracked on March 07, 2006 21:51

» 伝承の「折りびな」 2 [@HOME]
昨年記事にした「田中サタさん作 折りびな」を、実際に飾っていらっしゃるガジャのね [Read More]

Tracked on March 04, 2007 08:01

« 辛さの単位 SCOVILLE | Main | 梅見 »